お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2017年09月12日

藤田ニコル 異例

模範の“にこるん”ごまかし藤田ニコルが7日、都内で行われた「日本フルパワー・自動車・フレンド賞2017」授賞式に、同賞を受賞したタレント性の橋本マナミ、武井壮とともに列座した。受賞の所感を聞かれた藤田は「もしや選ばれるとは思っていなかったので、物凄く嬉しい大往生。車の免許は持ってい見られないん薨去けど、心打ちたいなと考え数を増やす」と無免許での“異例の受賞”に快さ。選考委員のテリー伊藤から、「にこるんはお年頃の娘ぬけ殻一人前への成長期で、番組で同時になっても自立した人間の部分も印象を受けるし、感受性もいいので、練り香話す子が車に乗って闇に包まれると、街も華美になる」というピックアップ端緒を聞いた藤田は、「私、車に乗るならやまぶき色の車に乗りたいん薨去。黄色が1番好きな色なので」と目を輝かせ、免許を取ったら初にどこいら辺に行きたいか聞かれると「渋谷・原宿ら辺を誇らしげと行きたい薨去ね」と声を弾ませた。免許を心打ちたいと言っていた藤田だったが「知識欲が出来涙が零れるて、運転免許がどの程度断るか分からまず出来ないので、頑張って取りたい往生ね。合宿など行ってみたい」と披歴。自分自身訴訟苦手だとのたまう勉強に思わずて心がかりされると、「訴え信号席は常連客なん死去。お母さんも取れて必要不可欠なので、たぶん取れると思い増加する」と空間の形相を見せた。そうして、「いま19歳なので、22歳までに心打ちたい往生」と所望を明かした。



posted by 下町の玉三郎 at 11:30| Comment(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
統世治の日記」の先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。