お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2017年08月05日

ロバート秋山 偉人

本日8月3日にディスクロージャーされたWebマガジン「honto+」2017年8月号にて、ロバート秋山が田村蔵之松なるパーソンに扮して登場している。田村蔵之松は幕末から明治の世を鮮度た“日本の創造者の元祖”で、この年が没後140年。ブームもくろみ「クリエイターズ・ファイル」の最新復では、ボーイフレンドが成し遂げた偉大な業績の数々を紹介している。同計画がずっと前に亡くなった奴を俎に載せるのは今回が初だ。質問では、明治出身博物館の中井典夫館長が田村について論説。一段上の田村が「爪を食らい付く」「メガネをボウズの上に天高く舞う」といった仕業を日本で初の体験取り入れた時節のスナップなども掲載されている。



posted by 下町の玉三郎 at 10:37| Comment(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
統世治の日記」の先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。