お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2017年07月24日

京口紘人

IBF地域社会最低限度級9位の京口紘人が、地域社会初挑戦での鼎所有物化に目標達成した。4度目の自衛を狙った互角横綱格ホセ・アルグメドに判定勝ちを収めた。プロデビューから1年3か月での世界最大の実力者は、田中恒成と井上尚弥の1年6か月を一人Hをする国内最短。8戦目での王座取得は、京口が中学時代に教授を引受恭敬する元WBC世界バンタム級横綱格・辰吉丈一郎らにキッチリしている国内歴代4位の記入となった。上体起こしから腕前のこもったパンチを応酬した両方。9回には右でダウンを奪った。しかし10回以降は王者も一心不乱の逆攻勢を繰り出し、倒しきる当座しのぎは出来栄えなかった。



posted by 下町の玉三郎 at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
統世治の日記」の先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。