お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2017年07月07日

加給年金

加給年金は厚生年金(+共済年金も抱く)にエントリーしていた期が合わせて20年以上設置してあるホモ・サピエンスが、老齢基礎年金を受る時期に、生計を保守している家内やお嬢ちゃんが鋳造する時に(コンディションを満たせば)おいどんの年金に上乗せされ、もらえる年金です。あだ名「年金の家族療治」と言われています。一例を挙げれば、内の人が65歳、ワイフ60歳(専業主婦)の夫婦の状況、旦那は65歳から年金の受給がきっかけますが、嫁さんはされていない年金を受給するその場逃れが作品の出来ません。この時、亭主1人の年金では生活が辛辣なので、ワイフが65歳になって家内の高年基礎年金が付与されるまでの間隔、亭主の年金に積増ししてサプライしますよ!という規程です。いわゆる「繋ぎ年金」ですね。※加給年金は厚生年金に設けられている約束事の責任下で、国民年金(老齢基礎年金)しか引取取れないヒューマンビーイングは憧れ外です。



posted by 下町の玉三郎 at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
統世治の日記」の先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。