お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2017年07月05日

うなぎ蒲焼

日本挙げ句の清流「四万十川」河口で採捕されるシラスウナギが、四万十ウナギと呼ばれています。そして、そのシラスウナギを四万十川源流域で、普及した穏当管理のもと、たっぷりであでやかな地下水を使って育てられ、生身の体がやわく、ほど良く中性脂肪がのっている『一安心・穏便・うま味がある』を追及した輩がこの「四万十ウナギ」です。四万十川で捕った稚魚を四万十川の伏流水で育てたうなぎは、体躯が可塑性の泥臭さもありまん。うなぎへの餌はすけそうだらと四万十青ノリを練り合わせた輩で、抗生物質やホルモン剤は全く利用しておりません。

らっしゃいかに市場


posted by 下町の玉三郎 at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
統世治の日記」の先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。