お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2014年10月19日

3千円バーガー

淡路島3千円バーガーが好調 - Y!ニュース (2014年10月18日(土)掲載) http://news.yahoo.co.jp/pickup/6135253  #地域活性化磯口もきっとこればっかり食べてたからあんなにも太っt



"






やっぱり「3千円バーガー」が検索上昇中か。

詳細を調査してみると…。

リサーチ結果は上下コンテンツより確認して頂ければ理解できると思います。

しかし、ネットが先かマスメディアが先か?理解できる出来事を早期にわかっちゃう事が出来るなんて助かりますね。

不十分だった事が判明したので知識がアップしたと思います。

「3千円バーガー」についてまた新しいネタがあれば更新しますね。







淡路島の3千円バーガー 「どうしてここまで売れるのか」 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141018-00000005-kobenext-l28

 特大サイズの淡路ビーフを挟んだ「3千円バーガー」が、兵庫県南あわじ市福良丙の「道の駅うずしお」で発売されてから1年過ぎ、販売総数が1800個を超えた。

一日平均4個以上売れた計算。

ハンバーガーとしてはとても高額なだけに「どうしてここまで売れるのか」と関係者も驚く。

【写真】淡路沖に黄金色のサメ 同道の駅は、独自バーガー開発に力を入れる。

主力の「あわじ島オニオンビーフバーガー」は昨年、ご当地バーガーの祭典「とっとりバーガーフェスタ」で優勝した。

 3千円バーガーは「島を代表する食材・淡路ビーフをぜいたくに使ったら、どんな商品になるのか」と、売り上げは考えない遊び心から昨年9月に誕生。

厚さ約1センチ、重さ250グラムのリブロースを塩とこしょうで味付けして焼き、島内産タマネギやレタスと一緒にバンズに挟む。

 月別販売数を見ると、最多は今年5月の356個。

以下、今年8月の241個、昨年11月の193個と続く。

今月も16日までに52個が売れた。

 今月12日に食べた徳島県の男性会社員(23)は「肉好きにはたまらないメニューで、迷わず注文した。

口にするとはじけるような食感で大満足」と話す。

 好調の理由について、同道の駅は「税込み3240円の価格は、ステーキとしてはむしろ割安。

がっつりと淡路ビーフを食べてみたい方にウケているのではないか」と分析している。

(長尾亮太)



淡路島の3千円バーガー 「どうしてここまで売れるのか」(神戸新聞NEXT) - Y!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141018-00000005-kobenext-l28 … 淡路で淡路牛目当てに注文すると、「この値段でこの細切れ!」と思うような物しか出てきた経験がない。

実際に見てみるまではこの品も怪しんでしまう…



posted by 下町の玉三郎 at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
統世治の日記」の先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。