お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2014年10月13日

マツダ デミオ

【経】 カー・オブ・ザ・イヤー、マツダ「デミオ」に (読売新聞): 日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会は13日、「2014―2015日本カー・オブ・ザ・イヤー」にマツダの小型車「デミオ」を選んだ。

… http://dlvr.it/7BN9SB 



"

マツダのデミオが日本カー・オブ・ザ・イヤー2014-2015のイヤーカーに http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141013-00731129-sspa-soci

 日本カー・オブ・ザ・イヤー2014-2015が決定した。

今年のイヤーカーに選ばれたのはマツダのデミオ。

インポート・カー・オブ・ザ・イヤーに選ばれたメルセデス・ベンツCクラス セダンとの接戦を制しての受賞となった。

 マツダは、日本カー・オブ・ザ・イヤー2012-2013でもCX-5でイヤーカーを受賞している。

メルセデス・ベンツは、日本カー・オブ・ザ・イヤー2013-2014のイヤーカー、フォルクスワーゲン ゴルフに続く、2年連続でのインポートカーによるイヤーカー受賞とはならなかった。

 日本カー・オブ・ザ・イヤー2014-2015は、10ベストカーに選ばれた下記の10台の中から、日本カー・オブ・ザ・イヤーの選考委員59名の投票によって選ばれた。

●マツダ デミオ●メルセデス・ベンツ Cクラス セダン●BMW i3●スバル レヴォーグ●プジョー 308●スズキ ハスラー●トヨタ ヴォクシー/ノア●ニッサン スカイライン●ホンダ N-WGN/N-WGN カスタム●ジープ チェロキー なお、部門賞はイノベーション部門賞をBMW i3が、スモールモビリティ部門賞をホンダ N-WGN/N-WGN カスタムが受賞。

エモーショナル部門賞は該当車なしだった。

また、特別賞はトヨタの燃料電池車への取り組みが選ばれた。

●日本カー・オブ・ザ・イヤー http://www.jcoty.org/







マツダ デミオなどの話題は聞いた事があるでしょうか。

注目したくなる商品などが毎日のようにフィールドに上がりますが、話題があるマツダ デミオということもあり、情報を集めているという方もそれなりに多いと感じてます。

このようなマツダ デミオが日常に反映され毎日の便利さがあがるのは楽しい事ことですね。

情報を少し引用しますね。

さらに細かいニュース等は、パソコンなどで自分でググルなどして調査をしてみてください。







"

【カーオブザイヤー14 選考コメント】ノーベル賞候補にも期待の デミオ ディーゼル…岩貞るみこ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141013-00000023-rps-bus_all

私の10点、イヤーカーは『デミオ』です。

このクラスで闘える価格で、日本の厳しい規制に対応できるディーゼルエンジンを開発し搭載したことは、世界に誇れる日本の技術のすばらしさ。

いつかノーベル賞候補になるんじゃないかと期待しています。

また、ディーゼルだけに注目が集まりますが、ガソリンエンジン搭載車の走りのバランスのよさも秀逸。

個人的にはガソリン車だけでもイヤーカーに推したいくらいです。

[関連写真]運転の基本はドライビングポジション。

燃費走行も、安全運転も、ドラポジがちゃんととれることが大前提です。

特にドラポジがちゃんととれなければ、衝突時にシートベルトが腹部に食い込むシートベルト外傷や、後突のときの鞭打ちを誘発します。

運転の楽しさを実現するためのドラポジは、裏を返せば安全で確かな運転操作を可能にするということ。

とかくお金をケチってシートやハンドルまわりの機能をはずされるコンパクトカーに於いて、シートの上下調節はもちろん、ハンドルの高さ、前後調整ができる機能をしっかりと入れてくるマツダの信念は立派。

小さいクルマが売れまくっている今の日本において、今年を代表するにふさわしいクルマだと思います。

マツダ『デミオ』:10点メルセデスベンツ『Cクラスセダン』:8点BMW『i3』:5点ジープ『チェロキー』:1点プジョー『308』:1点岩貞るみこ|モータージャーナリスト/作家イタリア在住経験があり、グローバルなユーザー視点から行政に対し積極的に発言を行っている。

主にコンパクトカーを中心に取材中するほか、最近は ノンフィクション作家として子供たちに命の尊さを伝える活動を行っている。

レスポンスでは、アラフィー女性ユーザー視点でのインプレを執筆。

《レスポンス 岩貞るみこ》



日本カーオブザイヤーはデミオ マツダ車の受賞は2年ぶり http://bit.ly/1vWYmyt 



【関連する記事】
posted by 下町の玉三郎 at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
統世治の日記」の先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。